バラエティテレビ番組を見よう バラエティ動画Japan ホーム »人生の楽園
カテゴリー「人生の楽園」の記事一覧

 

 

   

動画ダウンロードツール

動画ゲッター miomioの動画をダウンロードできるchrome用ツールです
Video DownloadHelper miomioの動画をダウンロードできるFirefox用ツールです
Tokyoloader さまざまな動画サイトを手軽にDLできるchrome、Firefox用のツールです
Unblock Youku ChromeでYouku(優酷)やTudou(土豆)を見るアドオンです

人生の楽園 2017年4月22日  

【奥三河のやすらぎ宿】 愛知県設楽町の築120年の古民家に移住し、心からのおもてなしが評判の民宿を始めた50代の夫婦を紹介。田舎料理のフルコースが堪能できる。
番組詳細 警察官をしていた夫と音楽教室の先生をしていた妻。田舎暮らしに憧れて移住先を探し、100軒近くの家を見て回った末に出会ったのが、愛知県設楽町の古民家だった。20年以上も空き家になっていたが、リフォームで心地よい空間に作り変え、夫婦で料理自慢の民宿を始めた。広々とした家では、妻が機織りやピアノを楽しみ、夫は購入した家に付いてきた蔵で“お宝探し"。近所の農家の方に教わりながら、野菜作りにも挑戦している。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子


人生の楽園 2017年4月22日170422 投稿者 tvkuri


人生の楽園 2017年4月22日170422 投稿者 koko-ho

【miomio】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年4月15日  

【復活!懐かし食堂物語】故郷にUターンし、かつて両親が営んでいた食堂を17年ぶりに復活させた60歳の男性と56歳の妻を紹介。甦った懐かしいラーメンの味が大評判。
番組詳細 「自然豊かな故郷で子育てをしたい」と栃木県那須塩原市にUターンした主人公夫婦。故郷では夫の両親が、ラーメンと焼きそばが人気の食堂を営んでいたが、19年前、母が高齢のため店を閉めることになった時、妻は「地元で愛されてきたこの店を継ぎたい」と考えた。そしてスープの元となる「かえし」を継ぎ足しながら守り続け、2年前、夫の会社退職を機に、夫婦で食堂を復活させた。かつての常連客も、懐かしい味に大喜びしている。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子


人生の楽園 2017年4月15日 170415 投稿者 namdoi1101


人生の楽園 2017年4月15日 170415 投稿者 Ruri-1

【miomio】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年4月8日  

【仲間と始めた島おこし】瀬戸内海に浮かぶ小さな島、志々島。かつて千人以上が暮らしたが、今は17人。仲間や妻と力を合わせ、島おこしに立ち上がった65歳の男性を紹介。
番組詳細 過疎化が急激に進んだ志々島では、130軒ほどある家のほとんどが空き家になっている。50代半ばで、妻と共に志々島にUターンした主人公は、「このままでは無人島になってしまう、島に人を呼び込みたい」と考え、ぼろぼろの空き家を自分でリフォーム。無料の休憩所を始めた。さらに別の空き家を仲間と力を合わせて改修し、去年、ゲストハウスをオープンさせた。島の魅力を知ってもらおうと、島歩きのツアーガイドなどもしている。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子


人生の楽園 4月8日 - 170408 投稿者 shawgretchen152


人生の楽園 2017年04月08日 投稿者 Kei-2

【miomio】
【pandora】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年4月1日  

【古民家で味わう伝承料理】富山県砺波市で、伝承料理が評判の農家レストランを始めた65歳の女性を紹介。伝統家屋・アズマダチで、輪島塗の器に盛られた料理が楽しめる。
番組詳細 立山連峰を望む砺波平野は、広大な田んぼの中に民家が点在する「散居村」の風景で知られる。幼い頃、祖母の作る料理が大好きだった主人公は、子育てが一段落すると、地域の伝承料理に関わる活動や研究を開始。2年前、空き家になっていた伝統家屋を活用し、伝承料理のレストランを始めた。よごし、いとこ煮など、先人の知恵がつまった伝統の料理が大評判。干しズイキや大門素麺など、地元ならではの食材がふんだんに使われている。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子

【miomio】
【pandora】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年3月25日  

【父の想い継ぐ山里の店】木材商だった父の想いを継ぐため、自宅の納屋を改装して木材店を始めた58歳の女性を紹介。同じ建物の1階で長男が讃岐うどんの店を開いている。
番組詳細 舞台は“讃岐うどん発祥の地"とも言われる香川県綾川町。木材商として働く父の姿に憧れていた主人公は、父の死後、「木材店を復活させたい」と自宅の納屋を改装し、木工品や木材を売り始めた。しかし人通りの少ない場所にあるため、主人公の長男が、「集客の力になれば…」と同じ建物で讃岐うどんの店を始めた。うどんを食べた後、木工品を見て帰るお客さんも多い。山里で肩寄せ合って暮らす3世代7人、大家族のあったかい物語。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子

【miomio】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年3月18日  

【夫の夢 妻の夢が一つの店に】ギター作りが大好きな夫とケーキ作りが大好きな妻。二人の夢を同時に叶えるため、ギター工房とカフェが一緒になった店を始めた夫婦を紹介。
番組詳細 楽園の舞台は和歌山市。ビートルズに憧れるバンド少年だった夫は、働きながら独学でギター作りの腕を磨き、定年退職後、「カフェをやりたい」という妻と二人の夢を同時に叶えるため、ギター工房兼カフェをオープンした。夫はギターの製作だけでなく修理の腕も高く、細かい技を駆使して壊れたギターを見違える程に再生させる。一方カフェでは、妻が得意の料理の腕を振るい、夫は接客担当。夫婦それぞれ大好きなことを満喫している
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子

【miomio】
【pandora】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年3月11日  

【元気母さんのお菓子工房】 自宅の庭の小さな工房で、ケーキ作りを続ける58歳の女性を紹介。メロンやイチゴなど、地元静岡産の果物をふんだんに使った贅沢な味が評判。
番組詳細 好奇心旺盛で、結婚して子育てをしながら様々なことにチャレンジした主人公。50代になると独学でお菓子作りを研究し、4年前、静岡県森町の自宅の庭に小さなプレハブ小屋を建て、スイーツ工房を始めた。抹茶やメロンなど、静岡特産の材料を贅沢に使ったロールケーキやタルトが大評判。週末に神社で出張販売する際は、前日深夜まで作り続ける。2年前に最愛の夫を亡くしたが、悲しみを乗り越え大好きなお菓子作りに没頭している。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子

【miomio】
【pandora】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年3月4日  

【毎日楽しき田舎暮らし】大阪から岡山県の山里に移住し、“何でも手作りする暮らし"を満喫する60代の夫婦を紹介。床の抜けていた空き家を自分たちでリフォームした。
番組詳細 自然の中での暮らしに憧れた主人公夫婦。物件探しを続ける中で出会ったのが、岡山県吉備中央町の眺めの良い古民家だった。そこで夫婦は、傷みの激しかった空き家を自分たちの手で少しずつリフォーム。2年の歳月をかけて完成させ、移住した。妻は近所の山で採取したツルで籠を作ったり、夫は原木シイタケを栽培するなど、田舎暮らしを目いっぱい楽しんでいる。友人に気軽に泊まってもらえるよう、庭に自分の手で「離れ」も建設中。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子

【miomio】
【pandora】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年2月25日  

【自家製米でどぶろく造り】どぶろくで町おこしをしようと、石川県中能登町でどぶろく造りを始めた64歳の男性を紹介。郷土料理が楽しめる農家レストランも営んでいる。
番組詳細 古くから神社でどぶろく造りが行われてきた石川県中能登町。JAを早期退職して専業農家となった主人公は、「町の特産品にしよう」と、自宅の車庫に工房を設置し、どぶろく造りを始めた。自家製米を炊いて米麹と合わせ、さらに本仕込みをした後、毎日かき混ぜながら40~50日かけて仕上げていく。このどぶろくを楽しめるのが、妻と営む農家レストラン。郷土料理の「かぶら寿司」など、自家製野菜をたっぷり使った料理が評判。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子

【miomio】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --

人生の楽園 2017年2月18日  

【森の中のゆるりカフェ】会社を早期退職して大分県豊後大野市にUターンし、大好きな料理の腕を生かして“ゆったりできるカフェ"を始めた54歳の夫と47歳の妻を紹介
番組詳細 システムエンジニアとして東京でモーレツに働き続けた主人公。会社を早期退職し、妻と共に故郷の豊後大野市にUターンすると、小高い丘の上に建つカフェをオープンした。「お客さんにゆったりとリラックスして欲しい」との思いから、店の内装や料理などに工夫を凝らしている。近所に住む親戚から野菜や果物を分けてもらうと、夫婦二人で“開発会議"を開き、新作のメニューを考案する。1日10食限定の「ゆるりプレート」が人気。
【楽園の案内人】西田敏行、菊池桃子


人生の楽園 2017年2月18日170218 投稿者 hao-mao


人生の楽園 2017年2月18日170218 投稿者 Takehiko-hm

【miomio】

category: 人生の楽園

tag: 西田敏行  菊池桃子 
tb: --   cm: --
                             
                          

楽天

カテゴリ

楽天

タグクラウド

▲ Pagetop